企画の5W1Hは、一般的なアイデア整理にも使える汎用性の高いフレームワークです。このフレームワークに沿って、(1)企画の目的と対象を明確にしてから、(2)企画の内容を詰めて、(3)アクションプランに落としこむプロセスをFreeMindを使って実習します。

 

第1回では、企画づくりの土台となる「目的(Why)」と「対象(Who)」を列挙しました。第2回では、WhyとWhoの枝に書きだしたアイデアをベースに、その企画のコンセプトを作っていき、内容を落としこんでいきました。

 

第3回では、5W1Hのうち、When(いつ)、Where(どこで)、How(どのように)を使って、アクションプランに落としこんでいきます。

まず、Whenの枝にその企画の「タイミング(日時、期間、締切)」を、Whereの枝に「場所」「チャネル」に関することを書きだして、「時間軸」と「エリア」を明確にします。その上で、Howの枝に「手段」「準備」「程度」に関する事柄を書き連ねていくことで、アクションプランが出来上がります。

この枠に動画が表示されないときは、配信エラーの可能性があります。お手数ですが、ご連絡をお願いいたします。

参考

  • 手を動かしながら考える企画提案「手を動かしながら考える企画提案−アイデアがみるみるカタチになるFreeMind仕事術」p46, p92

FreeMindファイル

  • 企画の5W1Hのテンプレート
  • 今回の動画の目次マップ
  • 今回の動画のサンプル「思考のレシピの企画」マップ(作業前の状態)
  • 今回の動画のサンプル「思考のレシピの企画」マップ(作業後の状態)

ZIPアーカイブをダウンロード後、展開して、FreeMindでご覧いただけます。

続きを読む