Login

『手を動かしながら考える企画提案 』の読者特典は、ログインしてご覧いただけます。

読者登録がお済みでない方は、上記の「アカウントの作成」へお進みください。

FreeMindユーザーには、「せっかくマインドマップを学んだのに仕事に使えるようにならなかった」という方が少なくありません。それもそのはず!マインドマップは「英語的」なツールだからです。

当たり前ですが、私たち日本人は日本語でモノを考えます。日本語の文法構造では、「主語+修飾語+述語」と語順が階層的ではありません。英語の文法構造では、「SVO(主語+動詞+目的語)」と語順が階層的です。このため、英語なら語順のままにキーワードを書きだしていくだけで階層的に並びます。

これに対し、日本語の語順のままキーワードを書き出しても階層的に並びません。ここに、私たち日本人にとっての「手描きマインドマップの壁」があります。

ところが、FreeMindに「手描きマインドマップ」の壁はありません。今回の「思考のレシピ」では、「FreeMindだからできる日本語で階層的に考えるコツ」についてお伝えします。

FreeMindでの思考整理のコツをビデオセミナーで

このビデオのような「FreeMindを使った思考整理のコツ」をビデオセミナーで配信しています。アイデア出し、要点整理、企画、会議、プレゼンテーション、コミュニケーション、マネジメントなどのテーマ別に受講することができます。

ビデオセミナーをご覧の方は、そのビデオセミナー撮影中に書いたFreeMindファイルをダウンロードしていただけます。思考整理のひな形(テンプレート)としてもお使いいただけます。詳しくは、こちら

トップに戻る