documentationこのビデオセミナーのゴールは、「3時間で資料の構成を決め、アウトラインを書くこと」です。

 

Wordで報告書、PowerPointで販促資料、もう資料づくりの時間を減らしたい!
お客様のところに企画を提案するのに時間がかかりすぎる!

 

というみなさんには、「手を動かしながら考える企画提案-アイデアがみるみるカタチになるFreeMind仕事術」の「資料作成マッピング」がお役に立ちます。

 

このビデオセミナーで「いきなりWordやPowerPointに向かって資料を作り始める習慣」がどれほど非効率だったかに気づき、「FreeMindで練ってWord(またはPowerPoint)で仕上げるほうが、いきなりWordやPowerPointに向かうよりも速い」ということをご実感いただきます。

 

プログラム

Part1 FreeMindを使った資料作成のステップ

FreeMindを使った資料作成での活用例を示しながら、商品パンフレット(または提案資料)をFreeMindで構成し、Word(またはPowerPoint)で仕上げるためのステップを解説します。

Part2 FreeMindで「企画のスケルトン(骨格)を作る」

参加者の方が取り扱っている商品、または企画中のアイデアを例題にして、その商品、企画の目的、顧客(ニーズ)、特長(メリット)、内容、価格などの商品説明の材料をFreeMindで並べていきます。

Part3 FreeMindでコピーライティング伝えたいことを相手の知りたい順に並べ替える 「お客様が知りたい順へのキーワードの並べ直し」、「パンフレットに生かすキーワードの取捨選択」、「キーワードを組み合わせたコピーライティング」のプロセスを実習します。
Part4 Wordで仕上げる(チラシの完成)

実習1で作ったFreeMindデータをWordに流し込む方法を実習します。

パンフレット(または提案資料)のひな形をWordで作ります。

その後で、FreeMindの箇条書きコピー機能を使って、Wordにデータを貼り付けて、仕上げていきます。

「今までWord、PowerPointで行っていたコピーライティングをFreeMindで行うことによって、非常に効果的なライティングができること」、そのおかげで「Word、PowerPointでは仕上げだけに専念できるため、作業が効率化すること」体験をしていただきます。

注意

このビデオの内容は3時間ではマスターできません。Wordへ流し込むまで3時間を目標にお伝えします。

このビデオセミナーをご覧になるには

このビデオセミナーは、「手を動かしながら考える企画提案-アイデアがみるみるカタチになるFreeMind仕事術」を購読し読者登録すると、読者特典ページからご覧いただけます。また、このビデオセミナーに使われたFreeMindファイルのテンプレートもダウンロードいただけます。