NLPコーチでセラピストの畑中映理子さんもFreeMindの愛用者の一人です。

FreeMindは、NLPコーチングにおいてクライアントへのフィードバックを残す「カルテ」の役割を果たしています。

下図は、コーチングカルテの例です。

コーチングカルテ

よくあるカウンセリングやコーチングでは、

1. 自分の中にあるモヤモヤを吐き出す。
2. 課題を明確にする。
3. 課題解決に向けたコミットメントをする。

の3ステップで、そのときはスッキリして気分がよくなります。ところが、これではマッサージと同じで、時がたてば元に戻ります。NLPコーチングの特徴は、3つ目がステップです。 畑中さんは、課題の根底にある「何か」を診断するや、いきなりその場で処方して、どんな作用があるか試します。

上記の例における「何か」は、「3つのセンターをバランスよく使っていないこと」でした。3つのセンターとは、Head(頭)Heart(心)Gut(肚)のこと。上記の例ではHead(頭)に頼りすぎて、Heart(心)Gut(肚)が眠ったままだったという診断結果でした。

そこで処方されたのが、Disney Strategy(ディズニーストラテジー)。その場で立ち上がり、 夢想家、現実家、批評家の3人の自分を演じる(上図の右下)という手法です。これにより、眠っていた他の2つのセンターが目覚めました。

上記のようにFreeMindでカルテに残すことで、「あっ、こういうことか!?」という腑に落ちた瞬間のことがありありと思い出されます。

FreeMindをコーチングに活用したい方へ

セルフコーチングの例として人生の転機に役立つ自分棚卸マッピングもご参照ください。

トップに戻る